インテージテクノスフィア
ママパパスフィア通信 #1[前編] 働くパパと子育て
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ママパパスフィア通信 #1[前編] 働くパパと子育て

インテージテクノスフィア

6月19日は父の日!インテージテクノスフィアのパパ社員と座談会を行いました。職場メンバーの反応は?子どもが居る中でのリモートワークってどんな感じ?家事の役割分担は? 働く父親として、仕事も家庭も大事にしたい。そんなパパふたりの生の声をお届けします。ぜひご覧ください!

はじめに

こんにちは!編集メンバー&人事の小林です。今回から「ママパパスフィア通信」シリーズと題して、育児と仕事を頑張るインテージテクノスフィア社員の話題をお伝えします!

ママパパスフィアとは

インテージテクノスフィアで行っている、仕事と育児の両立支援の取り組み「ママパパスフィア」。ママ社員・パパ社員の交流会や、ワークショップ、Tipsの共有などなど、様々なアプローチから仕事と育児の両立を応援しています。
ワークショップの様子はこちらをご覧ください↓

今回は、父の日に合わせ、パパ社員2名と座談会を行い、様々なお話を聴きました。

参加してくれたパパ社員

田中さん
4人のお子さんのパパ。お子さんは中学生~小学校中学年で、女の子と男の子。

大串さん
2人のお子さんのパパ。お子さんは2人とも保育園で、女の子と男の子。
お子さんそれぞれが生まれた後に、大串さん自身が育休を取っている。

パパと仕事

子どもが生まれてからの働き方

ーーお仕事もバリバリなお二人ですが、お子さんが生まれて、働き方は変わりましたか?

田中さん:あんまり意識していないですね。働き始めた時に一番上の子が生まれたこともあって、基本的に仕事とともに子育てがありました。あとは「子育てしながら、働きます」と周りに言っている感じはします。

大串さん:子どもが生まれる前までは、自分一人で仕事を抱え込むことが多かったんですけど、今は「人に頼る」っていうことを意識的にやっています。
妻も仕事をしていますが出社が多く、私の方が自宅にいることが多いので、家のことや急な保育園のお迎えは私がやっています。

ーーーなるほど、周りに自分の状況を伝えたり、メンバーと助け合ったりすることが大事なんですね。

職場メンバーの反応

ーーー子育てメンバーに対する職場の理解は、実際どんな感じでしょうか?

田中さん:私の子どもはだいぶ大きくなりましたが、大串さんのように小さなお子さんがいる方でどうしても帰らなくちゃいけないような場面だと、残りの人がフォローし合うっていう流れが自然と出来ているので、そこは良いなって思います。どうしても心苦しいとかは感じちゃうことはあるみたいですけど。

大串さん:グループに子育てメンバーが3人いるので、凄く話しやすいですね。「子どもの通院で、今日はちょっと早く上がります」とか。お互いがお互いを助け合っている感じがします。

ーーー職場メンバーの理解があるって、やっぱり大きいですよね。大変なこともありますが、お互いさまの精神で助け合っていけるといいですね。

リモートワークと子育て

ーーーコロナウイルス感染予防の影響もあり、リモートワークも多くなりました。子育てについて、リモートワークのメリット・デメリットってありますか??

大串さん:私の子どもはまだ小さいので、育休から復帰した後にリモートワークが始まったという感じなのですが、在宅勤務では出社しなくていいのは楽ですし、保育園のお迎えで18時には家を出ないといけないため、どうしても仕事が途切れちゃうのですが、その後も自宅で仕事出来るというのはいいですね。ただ、私が家にいるのが保育園側もわかっているので、会社に居たら呼ばれなさそうなことでも、すぐに呼び出されます(笑)

田中さん:私も、家に居るのがバレているので、よく呼び出されました(笑)コロナの影響で、子どもが学校から早く帰されることも多かったですしね。でも、家に居ると子どもが帰ってきて、一緒に居られる時間が長くなったのは凄く良かったなって思います。

リモートワークあるある:子どもの乱入

ーーーリモートワークの際、お子さんがご自宅にいる時は、乱入とかハプニングが起こったりするとよく聞きますが、お二人のおうちはどうです??

大串さん:自宅にいるときには、子どもと一緒に会議に参加したりしています。社内の人なら良いかなと。なので、たまに子どもが顔出ししています。

ーーーおおっ!会議に参加しているんですね!職場メンバーの反応はどうです??

大串さん:子どもが参加すると、笑顔になったり、温かく話しかけてくれたりしていますね。

ーーーいいですね~。私もリモート会議中に参加者のお子さんが入ってきたことがありましたが、癒されました♪ 田中さんのおうちはどうですか??

田中さん:私、自分の部屋というものがないので、リビングの端っことかで仕事しているんですが、子どもが後ろを走っていたりしますね。なので背景は見えないようにしています。
この前も、仕事中にすぐ後ろで変な遊びをしていて、振り返ったら、人間ピラミッドが出来ていました

リモートワークの背後で、人間ピラミッドが…!
(写真提供:田中さん)

ーーー人間ピラミッド!!凄いですね(笑)どんな経緯でそんなことに?

田中さん:なんだか後ろで盛り上がっている時に、組体操の話題になり、この構図になったみたいです(笑)

ーーー自然発生的に建設されたとは(笑)自宅でのリモートワークならではの面白エピソードですね。楽しそう!!

パパと家庭

家庭での役割分担

ーーー家事の役割分担でモメるという話も聞きますが、お二人のおうちはどうでしょう?パートナーの方と、家事の分担はどうされていますか?

田中さん:うーん。分担ですか…。私自身、あんまり家事に抵抗なくって。お互い自然とやっているので、「この仕事はどっちがやる」とか役割分担するって感覚もあんまりなく、普通に家事していますね。あ、でも、料理だけはできないので、やってもらってます(笑)

大串さん:私は妻と、お互いがその瞬間にできることを分担してやってますかね。妻に子どもを寝かしつけるのをお願いしているので、その間に料理や食器洗いなど、出来ることをやっています。

ーーーなるほど~。男だから女だからということではなく、お二人とも特に意識せずに、自然に家事に取り組んでいる感じがしますね。

ママとの違い

ーーーお二人はパパですが、ママとの違いって感じることありますか?

田中さん:私自身は一人で面倒を見るのは平気なんですけど、小さい頃は「ママじゃないとダメ」が多くて、寝かしつけとかも「ママじゃないとダメ」と言われました。俺には出来ないんだなって思いました。一緒にいるときに、お母さんとしか手をつないでくれないとかありますね。。

大串さん:私も一人で2人の子どもを面倒見ることもありますし。私が上の子、妻が下の子…またその逆…みたいなこともよくあるので、相手するのは全然問題ないです。でも、ママじゃないと寝かしつけがダメだったりするので、やっぱりママには勝てないなって思いますね。

ーーーすみません。なんか残酷なこと聞いちゃいました…。
やっぱりママは強いんですね…!世の中のパパ、ファイト!!

お店のお絵描きコーナーで芸術を爆発!
(写真提供:大串さん)

後編に続く

パパ座談会の後編は、子育ての思い出や、お話ししてくれたお二人がお互いに聞きたいこと、新米パパやこれから子育てを考えている男性へのメッセージなど、これまた盛りだくさんです!ぜひご覧ください。


この記事が参加している募集

リモートワークの日常

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
インテージテクノスフィア
「データに魂を吹き込み、世の中を感動させる」をビジョンとするIT企業。取り組んでいることや、働く人々の想い、ときどき雑談をお届けしていきます。西東京市と長野市から発信!