見出し画像

ビジョン浸透活動の話【後編】後ろめたさから4コマ漫画を作ってみたら・・・

前回、ビジョン浸透活動の「面白い取り組み」としてお伝えした「ビジョン 4コマ漫画大賞!」の全貌が明らかになります!

こんにちは!編集メンバーの小林です。
先日、所属部署の会議で「ビジョン浸透報告会で紹介された、社員が作った4コマ漫画がすごい!」という話をしたところ、上司が「え?何それ、すごい!おもしろい!」と、反応してくれました。
各部署でのビジョン浸透活動を発表した報告会は、関係者のみの参加だったので、社員でも知らない人が多いのです…。

というわけで、今回は「ビジョン4コマ漫画大賞!」の運営を担当された、エンタープライズ第一本部の倉田さんに、取り組みの詳細について語っていただきます!

ぜひとも前編のブログ「ビジョン浸透活動の話【前編】掲げてからが本番」もお読みいただき、2本続けてお楽しみください!

それでは、倉田さん、お願いします!

はじめに 

エンタープライズ第一本部の倉田です。
昨年度に医薬ユニット(旧部署)で実施した、インテージテクノスフィアビジョン浸透活動について紹介します。
普段、こういうものは書かないし書きたくない人間なので、ブログの書き方サイトを別画面に出しながら、頭を抱えながら書いています。4コマ漫画を描いてもらうというアイディアが生まれた経緯、どうやって医薬ユニット内のメンバーを巻き込んだのか…
そんなところをお伝えします。
作品もチラッと載せております。
 
果たして、読者のみなさまの期待に応えられる内容となるのか…

ビジョン浸透活動として4コマ漫画が採用!?

どのようにして4コマ漫画のアイディアが出たのか、その全貌をここに…!
と書き出したはいいものの、正直なところ自分は誰が4コマ漫画を発案したのかよく知りません…
それはなぜか、なんと初回のミーティングに参加できなかったからです。
 
では、なぜ4コマ漫画が採用されたのか?
それは自分がお試しで4コマ漫画を描いちゃったからです。
なんで描いちゃったのか…
 
それは…
初回ミーティングのメモに目を通したところ、いくつかの案の中に驚愕のコメントが書いてあったからです。
 
「倉田さんがブラックユーモア的な漫画のシナリオを描く→4コマ漫画作成のツールが使えるかもしれない」
 
ブ、ブラックユーモア???自分が???
4コマ漫画???自分が???
 
頭の中にハテナマークが乱れ飛んでいました。
誰がこんな恐ろしいことを…そう思いました。
 
でも、初回のミーティングに出なかったしなぁ…
次の打合せではどの取り組みをするか決めるって書いてあるしなぁ…

 
そんなこんなで一週間くらい頭を抱えながらひねり出した作品がコチラになります。
(ブラックユーモア感がない、面白くない などあるかと思いますが、どうぞ温かい目でご覧ください)

そして2回目のミーティングでドキドキしながらこの作品をメンバーに見せたところ、なんと…「採用!」となった次第であります。

作品を集める日々…

さて、4コマ漫画を描いてもらうことが決まりましたが、ただ描いてもらうだけではつまらないので、「コンペみたいなものをやろう!」となり、以下の企画が出来上がりました。

イベント開催の掲示

まずは作品を描いてもらう必要があるので、作品の応募期間を設け、ユニット内で実施されている各部の定例会で周知しました。
しかし、応募期間が年末年始に被る日程だったこともあり、なかなか作品が集まらない状況になってしまいました。
でも、「全員参加」ここはあきらめたくないという思いで、部長と各グループリーダーからアナウンスに協力してもらい、ビジョンアンバサダーからの個別連絡など、作品を描けていない方へのアプローチを地道に行いました。応募期間も延長したところ、最終的には67名から70作品の応募があり、医薬ユニット内92%の社員から作品を集めることができました。

その後、各作品への投票フェーズへと移行し、医薬ユニット内でイチバン魂が感じられる作品を選んでもらいました。 

医薬ユニット内でビジョン魂を感じさせた作品紹介!

作品のテーマとなるインテージテクノスフィアのビジョンはこちらです。
「データに魂を吹き込み、世の中を感動させる
Intelligence , Integrity , Impression」

インテージテクノスフィア ビジョン

4コマ漫画ということで、ビジョンがより親しみやすくなるような作品が、沢山集まりました。
今回は、医薬ユニット内で最も投票が多く、魂を感じさせたグランプリ作品を特別にお見せしますね!

一人一人の取り組みは、きっと大きな実りになります。
さあ、ぜひ今日から!!

心がじんわりと温かくなる素敵な作品がグランプリとなりました。

おわりに

今回、医薬ユニットではあまり堅苦しくない感じでビジョンへの「具体化」「行動」を意識してもらうきっかけづくりを検討した結果、4コマ漫画を描いてもらうことになりました。
業務で忙しい中、4コマ漫画を描くという事を手間に感じた方もいたと思いますが、多くの方の協力を得ることができ、実施することができました。
感謝の気持ちでいっぱいです!
 
余談ですが、アメニティとしてビジョンマスクも作成しちゃいました。
なかなかカッコよくないですか?


あとがき

倉田さん、衝撃的な企画の裏側について、ご紹介ありがとうございました!こんな経緯で始まったのですね~。す、すごい。
4コマ漫画を作る活動を通してビジョンに向き合い・形にすることで、ビジョンがとても親しみやすくなり、行動化につながっていく…。改めて、素敵なプロジェクトだなぁと思いました。マスクもかっこいい!

ビジョンは掲げてからが本番!

これからも、社員自らが作成した、わたしたちのビジョンと共に成長していきます。


この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!