見出し画像

長野グルメ部#2「信州に来たら寄ってほしい。長野事業所社員のおすすめ蕎麦屋!」

「信州信濃の新蕎麦よりも、あたしゃあなたのそばがいい」
突然の都々逸ですが、信州と言ったら【お蕎麦】ですね。

みなさん、こんにちは。
長野の食いしん坊、インテージテクノスフィアの辰野です。

長野県の人は自分の住む県を「信州」と呼ぶ人が多いです。旧国名。たとえばお隣の群馬でも名物を「上州名物」と呼んだりはしますが、居住地や出身を言う場合は「群馬」と言いますので、珍しいような…。「長野」というと「長野市」を想定するので、他の地域の方たちの抵抗感があるとかないとか。信州人の地元愛の強さゆえでしょうか。

紅葉の様子。千曲市智識寺より。

閑話休題。
秋の行楽シーズン。そして10月下旬からはいよいよ新蕎麦のシーズン!
今回は「信州に来たら寄ってほしい。長野事業所社員のおすすめ蕎麦屋!」をお送りします。
周りの人にちょっと聞いてみただけで、たくさんいますね~蕎麦好き。
シンプルゆえに、それぞれ好みに差が出るのですが、オススメポイントを絞って紹介してもらいました。

まずは蕎麦といえば戸隠!

美味しいお蕎麦屋さんも有名どころも沢山あります。

エントリーNo.1 そばの実

紹介者:野本さん
いつも食べるメニュー:数量限定の「十割蕎麦」です。運が良ければ食べられます。その他、「ざる蕎麦」・「蕎麦だんご」もおいしいのでオススメです。
オススメPoint:店内が綺麗でオシャレ蕎麦スイーツも豊富です。
近くのスポット:デートスポットにもなる「鏡池」近く。その名のとおり山や木々を映す美しい池で、こちらもオススメ。映る景色を見るなら風のない午前中です。

紅葉シーズン×人気店でなんと!
30組待ち…取材断念…。
戸隠の小鳥ケ池。周辺は散策スポットです。

事業所もある長野市

長野市…といっても今回は郊外中心で。

エントリーNo.2 蕎麦にしざわ

紹介者:新井さん・解良さん
いつも食べるメニュー:「ざる蕎麦」&「天ぷら盛」(解良さん)「天ざる蕎麦」…天ぷらもいいんです!(新井さん)
オススメPoint:お手頃価格で、店内の天井が高く清潔感があります。(解良さん)細めの上品なお蕎麦です。汁も付け合わせの漬物は季節で変わって全部おいしい。おいしい蕎麦が食べたくなるとここに行きます。ざるも良いけど温かいお蕎麦もおすすめ。店内明るく清潔でおしゃれです。BGMは静かにジャズが流れています。人気があり昼間だけの営業なので、確実に食べたいときには予約がオススメ!(新井さん)
近くのスポット:長野オリンピック時スピードスケート会場「エムウェーブ」近く。高速道路の須坂・長野東ICから長野市中心部に向かう道沿いなので行き帰りに寄るのも◎

note編集メンバー佐藤が取材(実食)へ。
土日限定の「田舎蕎麦」!コシがすごい…!
軽くいただけちゃう「天ぷら盛」。5、6種類ありました。

エントリーNo.3 はねだし屋

紹介者:神戸さん
いつも食べるメニュー:数量限定激安「はねだしそば」。終わってしまったときは「ざるそば」。量はたっぷり!
オススメPoint:工場併設なので、「安い!」「早い!」「美味い!」ただし昼は「激混み!」
近くのスポット:車で5分のところに「JAながの」の直売所あり。

現地取材できず…。気になった方はこちら ↓

エントリーNo.4 SOBA×CAFE EN

紹介者:小林さん
いつも食べるメニュー:昼は「焦がしネギつけ麺」。夜は「辛ニラつけ麺(夜限定)」&「かも焼き」!
オススメPoint:住宅街にひっそりと佇むカフェ風のお店。(時間によって、カフェ営業もしています)店内では、店主がチョイスした心地よい音楽がかかり、カフェの雰囲気を味わいながらお蕎麦がいただけます。毎朝、店内のそば打ち処で打つこだわりのお蕎麦。メニューも豊富で、通常のお蕎麦から創作系のお蕎麦・一品料理までと豊富にあるので、何度も通ってしまいます。日本酒も定番の地酒に加え季節限定のこだわりのお酒も用意され、夜も楽しめます。ついつい飲み過ぎてしまいますが、締めのお蕎麦は欠かせません!
近くのスポット:サッカー「AC長野パルセイロ」の本拠地、長野オリンピックスタジアムから車で7分。

CAFEの名のとおり、おしゃれな外観
小林さんの推し「焦がしネギつけ麺」

一足のばして上田市へ

長野事業所から車で1時間半ほどの上田市にもおすすめのお店が。みなさん、お好きな蕎麦を目当てに遠くまで行きます。

エントリーNo.5 そばや 日賀志

紹介者:嶋村さん
いつも食べるメニュー:「野菜天ぷらせいろ(二八)」
オススメPoint:細めの麺がおいしいです。古民家で落ち着いた雰囲気です。お庭も素敵!
近くのスポット:道と川の駅「おとぎの里」近く。おとぎの里からは「半過岩鼻(鼻みたいな形の崖)」がよく見えます。また、「日賀志」から車で15分ほど行った室賀温泉「ささらの湯」は美肌の湯。つるっつるのすべすべ~になります。

お庭の花
「野菜天ぷらせいろ」…ですよね。きっと。
すごい美味しそう。ここ絶対行こう(笑)

エントリーNo.6 手打そば 刀屋

紹介者:辰野
いつも食べるメニュー:「真田そば(味噌だれ)」
オススメPoint:グルメでも有名な小説家池波正太郎も通った上田の老舗。エッセイにも登場。 ツルッとのど越しを楽しむのではなく、コシが強くてどっしりしたお蕎麦をもぐもぐ食べる。真田そばは「味噌で蕎麦??」とびっくりしますが、刀屋さんのしっかりした蕎麦と合います。「普通盛り」でも3倍量というボリュームでも有名なので、注文する場合はお腹とよく相談して…。
近くのスポット:NHK大河「真田丸」で有名な上田城からは車で3分

外観。昔ながらの佇まいも好きです。
土日は開店前からずらーっと行列。
味噌となめこを出汁で溶く「真田そば」。左(小)と右の(中)サイズ。
(普通)はこのふたつを足したくらいのボリューム。大盛は…?!

自然豊かな安曇野市

note編集メンバー佐藤さんの地元、安曇野市からも。

エントリーNo.7 蕎麦処 伝道

紹介者:佐藤さん
いつも食べるメニュー:「天ざる蕎麦」
オススメPoint:蕎麦のやや固めの触感とサックサクの天ぷらがおいしいです。天ぷらは写真の通り種類が豊富で、中には珍しい具材もあります。(この日はりんご・イチジク・ブロッコリーが珍しかったかなと。)また、そば湯が非常に濃いので好きな人にはおすすめです!あたりが観光地なので、ぶらぶら散策するのも良し。※冬季(12月末~3月末)休業です。
近くのスポット:国営アルプスあづみの公園

外観。いい天気の日だったので、日光で白飛びしてしまいました…。
「天ざる蕎麦」。天ぷらには変わり種がいっぱい!

どれもこれもおいしそう

いかがでしたか?気になるお蕎麦屋さんはありましたでしょうか。
観光、紅葉狩り、ウィンタースポーツ、その他レジャー、帰省の際、お近くに行かれたらぜひ行ってみてください!まだまだ他にもたくさん美味しいお蕎麦屋さんがあります。
また、蕎麦特集なのに、「なぜ自分に聞かないのだ?!」とお怒りのインテージテクノスフィア長野事業所社員のみなさん、ぜひ辰野まで苦情をお寄せください。お待ちしています。

それではまた次回、長野グルメ部の記事でお会いしましょう。

この記事が参加している募集

みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!